継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

安倍首相の戦争への道を阻止しよう

公明党議員の皆様:

平和を愛する私たち日本の市民は、平和憲法を守り、自衛隊を国防軍にする計画を撤回するよう要請します。日本の憲法は、3世代にわたりアジア地域における平和を維持する上で重要な役割を果たしてきました。この平和憲法があるゆえに、この66年間、日本は世界からも尊敬される平和国としてのアイデンティティーを築き、私たちはこのアイデンティティーに誇りを感じています。日本を軍事化へと向かわせる憲法のいかなる改正にも反対します。

Avaazのキャンペーンに署名されたことがありますか?メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
初めての方は、下のフォームにご記入ください。
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
アクションを起こすと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

最近の署名者

アジアそして世界の平和と希望の光であった日本の存在が危うくなりつつあります!悲惨な結果を招く戦争に訴えるのではなく、交渉によって外交関係を樹立してきた日本の姿勢を、安倍首相は撤回しようとしているのです -- 私たちが行く手を阻まなければ、この計画が実現してしまうかもしれません

安倍首相は憲法の「改悪」を推し進めよとしています。実現すれば、子供や孫たちを未来の戦争へ送り込む第一歩となるでしょう。しかし、安倍首相が改憲を推し進めるためには、衆参両院の3分の2以上の賛成が必要となります。幸いなことに、公明党は改憲に慎重な姿勢を示しています。私たちもその姿勢を支持し、暴力に突き進もうとする安倍首相のもくろみを阻止しましょう。

以下のリンクをクリックして共に改憲反対を訴えましょう。署名が3万人分集まりましたら、Avaazは平和を求め続けてきた第二次世界大戦時の元日本兵と共に署名を届け、安倍首相と公明党に改憲によって私たちが何を失うことになるのか、しっかりと伝えてまいります。

投稿日: 2013年2月16日

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: