継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトにて最高の体験を提供できるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

市民 vs. 関西電力

日本生命保険相互会社・日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社・日本マスタートラスト信託銀行株式会社 最高経営責任者の皆様:

私たち日本市民は、御社が大阪市、神戸市、京都市に続き、6月の株主総会において、関西電力の段階的な原子力ビジネスからの撤退に関して議決権を行使するよう要請します。利益ではなく、人々の安全を重視するクリーンエネルギー社会へと日本を導くには、御社の議決権が極めて重要です。原子力エネルギーに対する市民の不信感は頂点に達しており、 人々は御社の責任ある決断に期待しております。

Avaazのキャンペーンに署名されたことがありますか?メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。
初めての方は、下のフォームにご記入ください。
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
アクションを起こすと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。
今、私たちの核廃絶に対する戦いは新たなレベルを迎えようとしています。一方で関西電力は安全よりも利益を優先して、大飯原発の3、4号機の再稼働を押し進めようとしています。しかし、関西の市長たちが、再稼働を阻止すべく大胆な計画に出ようとしています。共に戦い、関西の3人の市長たちに勝利をもたらしましょう

大阪市は関西電力の筆頭株主です。橋本徹市長は、関西電力を危険な原子力ビジネスから段階的に撤退させるべく、市の株主としての議決権を行使する構えです。市長は神戸市、京都市と手を組みましたが、それらの株式を合計しても、この画期的な特別決議案を可決するのに必要な三分の二の議決権数には足りません。関西電力の他の大手株主に圧力をかける事によってのみ、我々は関西電力に原子力エネルギーが終焉を迎えつつあることを知らしめ、事態を我々にとり有利に展開してゆくことができるのです

日本生命保険相互株式会社、日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社、日本マスタートラスト信託銀行株式会社の三社は、関西電力の主要株主です。この三社が議決権を行使することによって、不足分を補うことができるのです。今すぐ署名へのご協力をお願いします。これらの巨大企業に、クリーンエネルギー社会を求める戦いに参加するよう訴えてまいりましょう。

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: