継続することで、あなたのデータがどのように使用され、また保護されるかについて明記したAvaazのプライバシーポリシーに同意していただくことになります。
了解
当サイトをもっとも良い形でご利用いただけるよう、わたしたちはクッキーを利用し、当サイトがどのように使用されているかを分析します。 クッキーポリシーはこちらからご覧いただけます。
OK

ミャンマーのデモ隊をサポートしましょう

中華人民共和国の胡錦濤主席および国際連合安全保障理事会へ:

我々はミャンマーの軍事政権を平和的に抗議する民主主義運動をサポートします。デモ隊に対する武力弾圧を反対し、和解をもたらし、民主主義をサポートすることを求めます。惨殺を続かないように行動し責任を取りください。
電話あるいは携帯メールによる連絡をご希望される場合、電話番号を追加してください。
申し訳ございませんが、Avaazの嘆願書に署名するためにはJavascriptを使用できるように設定してください。 Javascriptを有効にしてからもう一度お試しください。(Javascriptを有効にするには、こちらの指示に従ってください。)
アクションを起こすと、Avaazからメールが配信されるようになります。Avaazのプライバシーポリシーには、Avaazが個人データを保護すること、またAvaazが個人データをどう使用するかについて記載されています。メール配信は、いつでも停止できます。

長年軍事政権に圧政された仏教国ミャンマー(ビルマ)の市民たちは私達の援助が必要です。僧侶と尼僧のデモ隊が広げました。でもミャンマー軍事政府の武力弾圧がはじまりました。 1988年、ミャンマー軍隊が数千人の平和的にデモする人を惨殺しました。しかし、今回国際社会は武力弾圧は許されません。我々は国際連合安全保障理事会国、中でもミャンマーの軍事政権の経済の鍵を握る中国、および国連ジャーナリストに最新の請願を送付します。そしてミャンマー市民運動者をサポートします。