ミツバチを救おう

世界中の指導者、そして農水相の方々へ:

私たちはネオニコチノイド系農薬の使用を急遽禁止させるよう呼びかけます。ミツバチの大量死は現在地球の食物連鎖そのものを脅かしています。皆様方が、世界中の指導者の一人として今すぐ慎重に行動を起こせば、ミツバチの絶滅は免れるはずです。
 
Avaazのキャンペーンに署名されたことがありますか?メールアドレスを入力し、送信ボタンをクリックしてください。
初めての方は、下のフォームにご記入ください。
Avaazは個人情報を大切に保存し、よろしければこのキャンペーンや同様のキャンペーンの進行状況をお知らせします。

ひっそりと、何十億ものミツバチが死んでいき、その影響で私たちの作物や食料も失われてようとしています。世界中の市民の抗議圧力により、欧州連合(EU)は毒性の強い農薬の使用を禁止しましたが、勝負はこれからです - ミツバチ大量死の原因である薬品は、今も世界中で使用されているのです。

EUは、これら有毒な農薬を2年間使用禁止にすることを認めました。キャンペーン大成功です!しかし、大手農薬製造会社バイエル(Bayer)とシンジェンタ(Syngenta)は、EUの禁止令を骨抜きにし、危険な農薬を再び市場に流通させるため、強力なロビー活動を行っています。さあ、ハチの大群のように沸き上がる怒りの声を届けましょう。農薬大手に屈せず、他国が欧州の決定に続くよう、そしてひとにぎりの人たちのための利益ではなく、私たち皆の健康と環境を優先させるよう、欧州各国の指導者たちに求めましょう。

私たちの声は、決定に重大な影響を及ぼします:昨年、キャンペーンに120万人が署名し、米当局が農薬に関する正式な協議を開く後押しをしました。また、EUの使用禁止令を勝ち取るカギとなったのも、私たち260万人の署名です – さあ、今度は300万人の署名を集め、大変危険で有毒な農薬の使用を禁止するよう各国首脳に訴えましょう。今すぐご署名の上、一緒にキャンペーンを広めてください!

友達に伝えよう!

クリックしてコピーしてください: